archive-tv.com » TV » K » KAIKAN.TV

Total: 63

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • 官能催眠研究所|お問い合わせ
    岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 大阪府 京都府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 年代 選択 10代 20代 30代 40代 50代 60代 性別 男性 女性 問合せ種別 講習会について 催眠日記のご感想 被験モデルの応募 催眠体験のご希望 その他 問合せ内容 トップ 最新情報 催眠日記 催眠講習会 ライブラリ Q and

    Original URL path: http://www.kaikan.tv/inquiry.html (2016-05-01)
    Open archived version from archive

  • 官能催眠研究所-サイトマップ
    ライブラリ 管理人の略歴 効果的な催眠誘導法 講習会の方針 受講者の声 書籍のご紹介 上達するためには 被験モデル募集 Q and A リンク このサイトについて お問い合わせ 掲示板 サイトマップ トップ 最新情報 催眠日記 催眠講習会 ライブラリ Q and A リンク このサイトについて お問い合わせ サイトマップ トップ 最新情報

    Original URL path: http://www.kaikan.tv/sitemap.html (2016-05-01)
    Open archived version from archive

  • 催眠術講習会-参加者の声-1
    もう一度じっくり読んで勉強してみようと思います 今後とも宜しくお願い申し上げます 第4回に参加のSM系催眠術師 見習いさん 本日は 講習会ありがとうございました ちょっと緊張してしまいましたが 自分の彼女であれば リラックスしてできそうなので 早速練習して 試してみます 彼女はM女なんで 催眠にかかりやすいタイプかな と思っています 帰り道に 新宿のビデオショップで 催眠調教を買って 早速拝見しました 催眠をかけた後に どんな風にプレイを進めていけばいいのかな と思っておりましたので 非常に参考になりました 人形を使っては すごいですね 第3回に参加のシナモンさん やっと東京から戻ってきました 予習が不十分だったので 自信は持てませんでしたが とても勉強になりました 本など見ても 実際にやってみる気になれなかったので とにかく催眠術師への道を一歩踏み出せて良かったです キャバクラに行ったことはないのですが もう少し自信が出てきたら練習にいってみようかと思います ありがとうございました 第2回に参加のMさん 彼女に掛けてみました 掛かりますた びっくりするくらい簡単に掛かりましたよ 最初に 手がくっつく でうまいことくっついたものの こちらとしてもちょっと半信半疑だったのですが 深化法で20からカウントダウンしてみると もう完全に力が抜けていて あとはもうこっちのもの 彼女はAランクだったんでしょうね しかしうまく掛かったものの こちらとしてはあまり手持ちのネタがなかったので とりあえず 立ち上がれない 手がひざから離れない と言ってしまう なんてのをやりながら徐々に深化していって 最終的にちょっとしたエロ催眠で締めくくったわけですが 催眠日記にあるようなことができるまでにはもうちょっと時間が掛かりそうですね でもとても楽しかったです 週末の楽しみがグンと増えましたよ ありがとうございました 第2回に参加ののりさん 講習会の感想という事でこちらにレスという形で 菅野さん 講習お疲れ様でした 非常に有意義な時間を過ごさせて頂きました 緊張はしましたが 勉強になりました ありがとうございます 時間が足りなかったのは自分らの積極性不足の為かと思われます 申し訳ありませんでした 次回

    Original URL path: http://www.kaikan.tv/works_his1.html (2016-05-01)
    Open archived version from archive

  • 官能催眠研究所-ライブラリ-講習会の方針
    では何をもって催眠術師とするかと申しますと 以下の4点をクリアすることと定義します 催眠誘導が行えて 被験者を催眠状態にすることができる 深化法が使えて 被験者の浅い催眠状態を深めることができる 被験者に何らかの暗示を与えて その効果を確認することができる 催眠を解除して 被験者を一人で安心して帰宅させることができる 催眠術は 再現可能な 技術 ですので その勘所を押さえていただければ 短時間で習得していただくことが可能です 具体策 受講者の皆さんに上記の想いや目標を含め 限られた時間でより多くの成果を上げていただくために 具体的な3つの策を設定しています 策1 口頭情報は少なく 実体験は多く 講師がお話ししている時間をなるべく短くして モデルに対して講師が実演しているか あるいは受講者の皆さんに練習をしていただく時間を多く取りたいと思っています 一般書籍に掲載されているような情報を改めて講師がお話ししたり お配りする資料に掲載するのは効率的ではありません 当講習会は未経験者を対象としていますが 予習として事前に催眠術に関する書籍を1冊はお読みいただいて 基礎知識を付けておいていただくことをお勧めいたします また 事前にお配りする暗示文例の資料は そのなるべく多くを暗記していただくことも併せてお勧めします 策2 超具体的 そのまま実践可能 2 3 5時間の講習時間では複数のケーススタディなどを行うことはできません 現実的で具体的なケースを一つだけご用意しまして その前提に沿って講習を行います 同じまたは類似のケースにおいては 講習の内容をそのまま実践していただければ 相手の女性を高確率で催眠状態にすることが可能です 策3 ブロック化 ステップ化 パターン化 講習会の進め方は この3つの基本的な考え方から構成されています ブロック化 講習内容全体を複数のブロックに分割して 小分け にすることで 受講者の方がその内容を捕まえやすくしています 1つのブロックのみを抜き出したとしても 講習情報として成立するとともに 各ブロックごとの低い習得ハードルをクリアして行くことで 結果として全体の習得度を高率にすることを狙っています ステップ化 ブロック化したそれぞれの講習情報は 優先順位を付けて段階をもってお伝えします 大くくりには 第一優先に掴んでいただく物に絞ってお伝えし それが完了したら第二優先へ進みます また 第一または第二優先の中でも優先度の高いものから順次お伝えいたします パターン化 各ブロックは

    Original URL path: http://www.kaikan.tv/subjects_works.html (2016-05-01)
    Open archived version from archive

  • 催眠日記-カップル喫茶で2-1
    薄手のブラウスの向こうにはうっすらと乳首が見えた そのまま一旦覚醒させてカップル喫茶に向った 部屋から出ると幸美は腕でバストを隠そうとする そんなことをすると かえって不自然で目をひくよ だって そんなやりとりをしながらカップル喫茶のあるマンションに着くと 幸美は前回と同じように僕の左腕を両手で掴んでぴったりと寄り添ってきた エレベータ内でスカートの中に手を侵入させてみると 既に太ももの内側はしっかりと濡れていた 恐怖心や不安があっても身体は反応してしまうものなのだろう 会員証を提示して中に入ると 既に来ていたのはカップルが一組だけだった 長く待ったのか 既にプレイを終えたのか そのカップルは僕たちに視線を投げた 男性の年齢は僕と余り変わらなかったが 女性は10才位若いように見えた 男性はトランクス一つ 女性はスケスケのチャイナドレスのコスプレだった 幸美の実年齢は僕とさして変わらないが 小柄で童顔なので恐らく同じような年齢差のカップルに見えるだろうことは お互いの距離感において好都合だった 男性が幸美の状態を見破って話しかけてきた もしかして ノーブラですか 幸美はうつむくだけでが応えられないでいるので 僕から説明した ええ 実はショーツも穿いていないんですよ 僕の一言で恐らく幸美は一気に恥ずかしくなったと思うが 更に追い打ちを掛けることにした 幸美 見せてあげなさい 幸美はもじもじして動こうとしないので 言葉を強めることにした 幸美 命令だよ 彼の前に行ってスカートを自分でまくり上げなさい 幸美は渋々僕の命令に従った あぁ パイパンなんですね そしてもう大分濡れているようですね 触っても良いですか 僕がOKすると 彼は片手で幸美の腰とスカートの裾を押さえてもう一方の手で濡れ具合を確認しようとしたが 幸美は腰を引き両手で股間を押さえて防御に入った するとチャイナドレスの彼女がすかさず幸美の背後に回り 幸美の両手を掴んで股間から引き離し背中に回してがっちり掴んで固定してしまった あぁぁっ 幸美はびっくりしたようで 軽く悲鳴を上げた 僕も彼女がそのような行動に出るとは予想外だったが 何も言わずとも彼氏を助けたその行動には感動した 彼は僕の顔色を確認しながら 改めてスカートをまくり上げて 幸美の股間を吟味し始めた 彼の指使いによって 幸美は困った様子ながらますます股間を濡らして行った いかがですか このままプレイルームで 彼はスワップを誘ってきたが 幸美には初体験なのでそのまま一気に行くには抵抗があるだろうと思い ワンクッション置くことにした 彼には少し待って貰うことにして 幸美と僕でプレイルームに向った さぁ幸美 カウントダウンすると 誘導した後に 疑似スワップをすることにした

    Original URL path: http://www.kaikan.tv/diary_27couple2_1.html (2016-05-01)
    Open archived version from archive

  • 催眠日記-リモコン露出-1
    そして スカートとショーツを脱ぐんだ 再びコートを着せた上で スカート ストッキング ショーツを脱がせた これで全裸の上にコートを着た状態になっている 脱いだ服は 紙袋に入れて僕が持つことにした さぁ 君は今とっても恥ずかしい格好だ ちょっとコートがはだければ 君のヌードが周りのみんなに見えるぞ いいか 僕が君に手で合図をすると 僕が言ったとおりにするのだ 僕が胸の前で人差し指を立てて君にて見せると 君はコートの前を開いて 僕に裸の身体を見せるのだ 僕が胸の前で人差し指と中指を立て君にて見せると 君はコートを脱ぎ捨てて全裸になるのだ 僕が胸の前で拳を君に見せると 君はコートを着て元の姿になるのだ 周囲は僕が良く見ているので 君は心配しなくて良い わかったら返事をしなさい はい わかりました そうだ 良い子だ 僕の言うとおりにできたら 後でご褒美に深い悦びを与えてやるぞ さぁ 3つ数えると目を覚ますよ 目を覚ましても 僕の言ったとおりになる 1 2 3 はい目を覚ます まずは車内で早速試してみる 僕はデジカメを取り出して 周囲を確認しつつ通路を挟んで反対側のボックス席に移動した 幸美は少し不安そうな顔をして僕を見た 僕は右手で持ったデジカメを幸美に向け 左手で人差し指を立てて見せた 幸美は僕の言いつけを守って 両手で左右のコートの胸元をそれぞれ掴んで ゆっくりと開いて見せた その状態の幸美を2 3枚撮影してから 拳を見せてコートを整えさせた 電車を降りてから行きつけの喫茶店に入ると 好都合にも店内は空いていて 一番奥の壁際の席に座ることができた 僕が壁を背にして座り その正面に幸美が座った 暫くして先ほどと同じようにデジカメを構えてから 僕の胸元で周囲に分からないように人差し指を立てて幸美に見せた やはり幸美は不安そうな顔を見せながら ゆっくりとコートの前を開いて見せた 前をはだけた幸美の向こうに他の客や店員が移っている奇妙な写真が撮れた その後 喫茶店を出てラブホテル街に向かう途中で人気のない雑居ビルがあったので そこで今日の 仕上げ をしてみようと思った そのビルのエントランスから1メートルほど奥に入った位置に幸美を立たせた 道路の通行人は ビルの真正面に来て中を見ないと幸美を見ることはできない

    Original URL path: http://www.kaikan.tv/diary_26rimocon1_1.html (2016-05-01)
    Open archived version from archive

  • 催眠日記-絶対服従2-1
    幸美はシャッター音がすると肩で息を弾ませて反応を示した そろそろ悦びを与えてやろう 三つ数えると バストの感覚がとっても敏感になる 当然君は抵抗することは出来ない 3 2 1 ブラの上からバストに触れると うつむき艶めかしく上半身を揺らした んっ んっぅ 触られていると さらにさらに感じてくるよ ほら ますます感じてくる それと同時に ブラ越しに触れていることがもどかしくなってくる 直接触って欲しくなる んっ んっ どうして欲しいんだ ブラを取って欲しいのか 幸美は首を縦に振って懇願したが 外さずに上にずらすだけにして バストを露出させた さぁ 今度は直接触ってやるぞ ご主人様に触られると さっきよりもずっと感じるぞ そう暗示して 右の乳首の先端を指で軽く撫でると ビクンと身体を震わせて反応した ほーら感じるだろう 触られていると ますます感度が上がってくる 左のバストは右の2倍感じるぞ バストの感覚をあおってやると それに連れて幸美の反応も増してくる どうだ 嬉しいか んっ んっ ためらいがちに頷いた そうか ならばもっと強い刺激を与えてやろう 洗濯ばさみで乳首を挟むと もっともっと気持ち良いぞ んっっ んっっ 今度は首を振って拒否を示したが わざと洗濯ばさみでパチパチと音を立ててあおってやると 顔を引きつらせて怯えた まずは右から行くか んっっ んっっ ホラッ んっ 右の乳首を指先でキュッと摘むと 幸美は顔をゆがめた 左もね そう言って左の乳首も摘んでやると 幸美はさらに顔をゆがめて痛がっている 声を聞きたくなって 猿ぐつわの暗示を解いてみることにする さぁ三つ数えると 猿ぐつわが外れてしゃべれるようになるよ 3 2 1 い 痛いぃ それがご主人様に向かって言うことか 言い直しなさい き 気持ち良いです そうか 良い子だ ではご褒美にオーガズムを与えてやろう バストを揉みしだかれて10数えると ふか く逝ってしまう ブラを外してやり 両方のバストを揉みながら暗示した 1 2 3 あっあっ 4 5 6 あっうっうっ もうすぐだよ 7 8 9 10 あ っっつ 両手のロープを解いてやる そう言って 両手首に軽く触れて両手を自由にしてやった さぁ こっちに来なさい 幸美を お姫様だっこ して ベッドに連れていき 縁に座らせた エアコンを入れて寒くないようにして まずは全部脱がせる 今エアコンを入れたので 部屋がだんだん暑くなってくる もう服を着ている必要はないから 全部自分で脱ぎなさい 幸美の反応が鈍かったので 追い打ちを掛けてみる ご主人様の言うことに従うことがお前の悦びでもあるんだ 命令 さぁブラウスを脱ぎなさい 今度は素直にブラウスから腕を抜き始めた ブラウスはご主人様に渡しなさい 脱ぎ終わったブラウスを受け取ると 今度はスカートを脱がせる ブラウスを脱いだら 今度はスカートも脱ぎなさい スカートも預かっておこう ブラウスに続いて スカートも受け取り 最後の一枚を脱がせる さぁ ショーツも脱いでご主人様に預けるんだ ショーツを渡すはちょっと躊躇したが わざと奪い取るように取り上げた ブラウスやスカートを回収したのは 片付けに気を遣わせないことと ショーツも預けることに繋げるためだった ベッドに横になりなさい 恥ずかしい格好にしてあげよう 全裸の幸美をベッド上で 張り付け 状態にしてみることにした お前をベッドに縛り付けて 身動きできないようにしよう ロープで両手両足をそれぞれベッドの四隅に縛り付ける まずは足から行くか 僕は幸美の両足首を掴んで 大きく開いてベッドのそれぞれの角の方向へ身体が動くくらい強く引っ張った い 痛い 縛るからね 多少は痛くても我慢しなさい その痛みが快感に変わるからね さぁ 三つ数えると 両足が固定されて動かせなくなる 3 2 1 カウントともに両足首をぐいと引いた あぁ 幸美は両手であそこを隠し 多少膝を動かして抵抗を試みるが 暗示が効いて動かすことが出来ないでいる 今度は両腕もね 両手を上げなさい 股間に置いていた幸美の両手を自分から持ち上げさせた 丸見えだねぇ 幸美は無言で命令に従ったが 身体全体が赤くなり 羞恥心を感じていることがわかる 両腕もベッドの角に向けて引っ張り 固定する暗示を掛ける 三つ数えると 両腕も固定されて動かせなくなる 3 2 1 さぁ お前は真っ裸でベッドに大の字に固定された 恥ずかしいねぇ この姿も写真に撮っておこう もぅ許して下さい 幸美がか細く懇願してきたが 僕はお構いなしに携帯でシャッター音をさせた はぁ はぁ 身体はますます紅潮して息が荒くなった 股間を確認してみると ラブジュースが溢れてシーツを濡らしていた 幸美 たくさん濡れて流れ出しているじゃないか なんだかんだ言って 感じているんじゃないか イヤ 何がイヤだ して欲しいことがあるんじゃないのか い 言えません そろそろ

    Original URL path: http://www.kaikan.tv/diary_25fukuju2_1.html (2016-05-01)
    Open archived version from archive

  • 催眠日記-オーガズム制御-1
    ただ 時には大胆すぎて可愛らしさを感じないときもある 涼子 今度は君が下になって 涼子はすんなり位置を変えて仰向けに横たわった 僕はカバンからアロマオイルの入った小さなボトルを取り出し涼子に嗅がせた 涼子ほら これは君が好きな香りだよ うん 前にも嗅いだことある この香りをゆっくり吸ってごらん 気持ちが落ち着いてリラックスしてくるよ 言われた通りに涼子はボトルに鼻先をつけて嗅いでいた ほらね 涼子はとっても気持ちよくなって体から力が抜けていくよ 涼子の目はとろんとしてきた これから僕のペニスが涼子のナカに入るよ でも涼子はとっても感じちゃうんけど 声が出せないんだ コクンとうなずく涼子に僕は挿入した だらんとした体とは反対に 涼子の顔は強ばり徐々に苦しそうになってくる んんん 涼子は喉の奥のほうから声を出そうとしている様だが声にはならない 涼子がいつも感じる奥の方を突いてみると 涼子は顔を赤くして険しい顔をしてきた うぅぅ 涼子は涙を浮かべて何かを言おうとしていた 僕は動作を緩めて 喋らせてみることにする 涼子 どうしたの 今なら話せるよ そう言って僕は指をパチンと鳴らした い いやっ 感じても声が出せないなんてイヤ 涼子は半べそをかきながら言った でもここのホテルではね あんまり大きな声出したら聞こえちゃうよ 大きな声を出したりしないから お願い どうしようかなぁ やっぱり君はまた声が出せない と僕は言いながらもまた激しく動いた 涼子はイヤイヤというように首を振っている 感じるよ とっても感じる でもどうしても声が出せない 涼子 もう君はイキそうだね でもイキたくてもイケないんだ イキそうな感覚がずっと続くよ そう言って 僕はまた奥のほうを突いてみた 涼子は口をぱくぱくさせながら 顔をくしゃくしゃにして泣いている そろそろ可愛そうになってきたので 僕は涼子の催眠を解くことにした さぁ三つ数えると 君の声が出るようになって 一気にふかーくイッてしまう 3 2 1 ホラ あっ あっ あっっ あぁぁ

    Original URL path: http://www.kaikan.tv/diary_24orgasm1_1.html (2016-05-01)
    Open archived version from archive